インプラント メデュフュージュ

メデュフュージュ

メディフュージという機器で作られる<CGF>とは添加剤を加えずに、遠心分離速度を制御することで凝固反応を誘発し、自然なフィブリン網目構造が形成されることでPRPの欠点を克服します。
また、サイトカインを多く含み、長時間にわたりゲル状態を維持しているため、インプラント治療から歯周組織再生療法まで幅広い術式に対応可能であり、次世代治療の可能性を秘めた素材です。
CGFは 周囲の細胞によって吸収・置換されてその周囲の細胞になるという性質 があります。
わかりやすくいうと、CGFを貼り付けた周りに歯茎があるなら歯茎に、骨があるのなら骨になりやすいという性質があります。
つまり、インプラントを埋入して骨を作りたい所から、手術の為に切開した歯肉などの傷口の治癒まで何でもこなす優れものなのです。その理由には、 CGFに含まれる大量の『血小板と成長因子』 が深く関わっています。

井上歯科では、採血をしてご自身の血液を使ってCGFを作成する
メデュフュージュを導入しています。
ご自分の血液なので、副作用の心配がない治療法です。
傷の治りが非常に良くなる効果があります。

井上歯科は、厚生労働省の再生医療等委員会の審査に合格した「再生医療提供機関」です。