歯ぎしり・くいしばり治療

今まで寝ている時にマウスピースを使っていた方や、
こんな方はご相談ください

場合により、この治療により寝ているときのマウスピースをやめていただくことも可能です。

咬筋(顎の筋肉)を緩和する治療

食いしばりは顎の周囲の筋肉(咬筋)が影響しています。
噛む力を弱くする為には、この咬筋の緊張をほぐす必要があります。
噛む行為は無意識で行われるので、ご自身の力で弱くする事は困難です。

そこで、歯ぎしり・くいしばり治療が有効です。詳しくは担当医までお気軽にご相談ください。

咬筋肥大とは

咬筋とは食物を咀嚼する時に使われる筋肉で、かみしめ癖などの食いしばりなどが原因となり、この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態を咬筋肥大といいます。

咬筋が肥大することにより、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。


歯ぎしり・くいしばり治療

治療費 Total 30,000円
(税込33,000円)


当サイト内の自由診療項目について

■通常必要とされる治療内容、費用などについて
矯正治療、審美治療等は基本的に保険適用外診療となります。即ち、患者さんが全額負担する自費診療となります。治療内容、メリット・デメリット、特徴等については各治療項目等に記載されていますが、ご不明点については、お気軽に当院へお問い合わせ下さい。

■治療リスク・副作用について
安全、安心、長期安定な医療に全力を尽くしますが、しかし残念ながら医療は本質的に不確実・不確定なもので、例えば脱離(取れる)、破損(壊れる)、破折(歯が折れる)、再発(再発病)等全ての医療にはリスクが伴います。 医療の不確実性は、各個人の複雑性や有限性、多様性、医学の限界に由来するものであり、全ての可能性を網羅できません。 予想されるリスク、薬剤使用時の副作用等については、ご予約で来院の上、お気軽に歯科医師までご相談下さい。

■お問い合わせ
医療法人社団 井上歯科 06-6432-1818