ボツラックス治療

今まで寝ている時にマウスピースを使っていた方や、
こんな方はご相談ください

場合により、このボツラックス治療により寝ているときのマウスピースをやめていただくことも可能です。

咬筋(顎の筋肉)を緩和するボツラックス治療

食いしばりは顎の周囲の筋肉(咬筋)が影響しています。
噛む力を弱くする為には、この咬筋の緊張をほぐす必要があります。
噛む行為は無意識で行われるので、ご自身の力で弱くする事は困難です。

そこで、医療分野で広く使われるボトックス注射(当院ではボツラックス治療という名称で行っております)が有効です。ボトックス注射といえば近年、美容分野でお聞きに鳴る機会が多いと思いますが、医療の世界では幅広く利用されています。

咬筋(顎の筋肉)を緩和するボツラックス治療

ボツラックスを、顎の筋肉に注入して、筋肉をやわらげる安全な治療方法です。
日常生活における会話や食事に影響はありません。

食いしばりや歯ぎしりが強い方:マウスピースを作成して就寝時に付けていただく予防的な方法を試される方が多い中、付けることを忘れてしまう場合などにこちらのボツラックス治療をご説明の上おすすめしております。

咬筋肥大とは

咬筋とは食物を咀嚼する時に使われる筋肉で、かみしめ癖などの食いしばりなどが原因となり、この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態を咬筋肥大といいます。

咬筋が肥大することにより、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。

ボツラックス治療は、歯科学会でも発表されている治療です。(日本補綴歯科学会、日本顎関節学会など)

注意点

以下の様な注意点がありますので、ボツラックス治療をお考えの患者様はしっかりと確認してください。

  • 注射した周辺に押すような痛みが現れたり、腫れたり、内出血を起こしたりすることがあります。
  • ごく稀にアレルギー症状が出ることがあります。
  • 個人差もありますが、3~6ヶ月で効果が薄れてきますので、年に何度か施術をするのがおすすめです。
  • 妊娠中、授乳中、妊娠の疑いがある患者様には施術を行えません。
  • 筋弛緩作用のあるお薬を内服中の方には施術を行えません。

ボツラックス治療

治療費 Total 30,000円
(税込33,000円)


当サイト内の自由診療項目について

■通常必要とされる治療内容、費用などについて
矯正治療、審美治療等は基本的に保険適用外診療となります。即ち、患者さんが全額負担する自費診療となります。治療内容、メリット・デメリット、特徴等については各治療項目等に記載されていますが、ご不明点については、お気軽に当院へお問い合わせ下さい。

■治療リスク・副作用について
安全、安心、長期安定な医療に全力を尽くしますが、しかし残念ながら医療は本質的に不確実・不確定なもので、例えば脱離(取れる)、破損(壊れる)、破折(歯が折れる)、再発(再発病)等全ての医療にはリスクが伴います。 医療の不確実性は、各個人の複雑性や有限性、多様性、医学の限界に由来するものであり、全ての可能性を網羅できません。 予想されるリスク、薬剤使用時の副作用等については、ご予約で来院の上、お気軽に歯科医師までご相談下さい。

■お問い合わせ
医療法人社団 井上歯科 06-6432-1818