インプラント 従来の治療法との比較

従来の治療法とインプラント治療の比較

義歯(いわゆる入れ歯)

利点
  • 治療法が比較的単純で、治療期間が比較的短い。
  • 健保適用できる。(但し、金属床などは自費治療)
  • 歯を少しだけしか削らない。
欠点
  • プラスチックの床の部分が歯茎に接し、異物感を感じやすい。
  • 取り外し式で、天然の歯と同じようには噛めない。
  • バネのかかる歯に負担がかかりやすい。
  • 審美的に問題がある。


ブリッジ

利点
  • 異物感がほとんどない。
  • 健保適用できる。(但し、セラミックなどは自費治療)
  • 固定性のため、しっかり噛める。
欠点
  • 土台となる天然の歯を、比較的多く切削する。
  • 土台となる歯に過剰な負担がかかる。


インプラント

利点
  • 違和感がほとんどない。
  • 健康な隣の歯を削らない優しい治療
  • 天然歯と同じくらいしっかりと噛める
  • ブリッジや義歯に比べ、長期間使うことが可能
  • 本当の歯のような自然な美しさ
欠点
  • 健保適用できないため、費用がかかる。
  • 外科処置をともなうため、重度の糖尿病などの全身疾患をおもちの方には適用できない。
  • 治療期間が比較的長い。