インプラント 治療の順序

インプラント治療の順序

診査と治療計画

X線写真や口腔内診査などインプラント治療に必要な口の中の診査を行い、その検査結果をもとにして治療計画を立てます。


治療と歯のクリーニング

必要と判断した場合、歯のクリーニングや歯周治療、虫歯の治療などをおこないます。


一次手術(インプラント埋入の手術)


治癒期間

一次手術後、インプラントが骨としっかり結合するのを待ちます。上顎の場合4~6ヶ月、下顎の場合2~4ヶ月ほどの期間がかかります。この間に、時間の無駄がおきないように、ほかの虫歯などの治療を行います。


二次手術(インプラントの頭をだす手術)

インプラント上部を歯肉から露出させて、歯肉の治癒を促進するための専用キャップを取り付けます。この操作が二次手術と呼ばれています。


支台装置(アバットメント)の装着

歯肉が治癒したら、アバットメントと呼ばれる支台装置を取り付けます。必要に応じて、インプラントにサポートされた仮歯が入ります。


印象採得(型とり)

上部構造(人工歯)の型とりを行います。


上部構造(人工歯)の製作・装着

上部構造(人工歯・クラウン)を装着した状態です。見た目は天然歯とほとんど同じです。


メインテナンス

お口の中の状態によって異なりますが、1~6ヶ月に一度メインテナンスをおこないます。


たった5mmしか切開しないインプラント治療法「フラップレスオペ」

多くの歯医者では、インプラント手術において、大きく切開をし、手術後に痛みや、腫れ、出血が起こりやすいですが、井上歯科のインプラント手術は、可能な限り、フラップレスオペを採用しております。フラップレスオペとは、大きく切開するのではなく、たった5mmの穴を開け、インプラントを埋入する治療法です。

フラップレスオペのメリット

メスを使用した直線的な切開や歯肉剥離、縫合をしない手術です。外科的な侵襲が少ない方法で、1本埋入する手術が10分ほどの短時間で完了し、術後の出血/腫れ/痛みがほぼなく、歯肉の治癒が早く、1週間後の抜糸が不要になるというメリットがあります。