矯正歯科 こども顎顔面矯正 - 歯列不正の原因と改善

お子さんの「口呼吸」が気になりますか?

その主な原因は…

上あごの発育不良による による 不正咬合ふせいこうごう かもしれません!

不正咬合とは、歯列不正(わるい歯並び)からおこります。
お子さんの「健やかな未来」を目指して、不正咬合のことをきちんと知って、今から治療をはじめましょう。


歯列不正の原因と改善

歯列不正の原因

足場となる顎骨のアーチよりも永久歯の幅の総和が大きい場合。

歯列不正の改善

本来、乳歯の歯と歯の隙間は空いている状態が正常です。永久歯の方が乳歯よりも一つ一つの歯の幅が大きいため、乳歯どうしの隙間が無いと、永久歯の萌出するスペースがなくなり、歯列不正になる可能性が極めて高くなります。

足場となる顎骨を拡げることで
歯列不正を改善させる矯正治療、「こども顎顔面矯正」

歯列不正は、永久歯の幅の総和に対し、足場となる顎骨が小さいために生じます。この不調和を改善するには...

  • A:歯の幅の総和をへらすため抜歯する
  • B:足場となる顎骨を拡げる

という2つの方法に分けられます。Aの方法が成人矯正の基本的な考え方です。
それに対しBの方法が、近年注目されている『こども顎顔面矯正』です。


こども顎顔面矯正
矯正の種類 成人矯正
顎育成長期(5歳〜9歳頃) 対象年齢 顎骨成長完了後 (15歳以上)
2年程度 期間 2年程度
総額50万円程度 費用 総額100万円程度
原則的に
ほぼなし
後戻り 永久固定が必要
不要である 抜歯処置 必要なことも多い
こども顎顔面矯正の適応年齢は、顎の成長期である5〜9歳頃に行う必要があります。 適応年齢 成人矯正は顎の足場を拡げる必要がないため通常、顎の成長が終了した15歳以降に行います。

こども顎顔面矯正では積極的な矯正を約2年行った後も、永久歯列完成の12歳前後までは簡易な装置などを使用し、成長の経過をみる必要があります。一方、成人矯正は約2年を要しますが、歯の移動量によってかかる時間が異なるため、個人差があります。

成人矯正では咬み合わせ完成後の歯を移動させるため、治療終了後元の位置に戻ろうとする力が働き、後戻りして来ます。
それに対し、こども顎顔面矯正では足場となる顎を拡げることで、歯に負担がかからず、萠出位置で矯正を終了できることが多いため、後戻りは原則ありません。成人矯正の場合はスペース確保のため、ほとんどの場合で抜歯が必要となり、極度の場合は全身麻酔下にて顎切りを必要とします。